農の学び場/Rural Learning Network

過去のセミナー案内

RLN第6回セミナー「森から考える新エネルギー:森林資源の地域循環は可能か?」

【Rural Learning Network 第6回セミナー × 兵庫県立大学環境人間学部・ひょうご木の文化フォーラム】

テーマ「森から考える新エネルギー:森林資源の地域循環は可能か?」
話題提供者: 能口秀一(有限会社 ウッズ)
http://wudz.ws/

日時:11月19日(月)18:30~21:00

場所:神戸大学篠山フィールドステーション2階
地図→http://goo.gl/maps/Tf2J
参加費:1,000円(軽食とワンドリンクがついています)
定員:30名

共催:兵庫県立大学環境人間学部・ひょうご木の文化フォーラム

◎プログラム:
18:30 ウェルカム/ネットワーキング(by 布施)
19:00 イントロダクション(by 中塚さん)
19:10 第1部 セミナー(by能口さん)
19:40 第2部ダイアログ(by小橋さん×能口さん)
      ブレイク→テーブル対話→全体対話
20:50 ふりかえり・ネットワーキング
21:30 終了

*********************************
私の使っているエネルギーはどこからきているのか、エネルギーは選べるのか、そういったことを最近考えるようになりました。
エネルギーの地産地消、という言葉もそんなに珍しい言葉ではありません。

農村地域には、豊富に森林資源が存在します。でも、使い方によってはその資源も有限になってしまいます。ですから、将来のことを見据えた、森林との付き合い方をみつけていく必要があります。
そこで、森林資源の循環に焦点をあててみましょう。
今回は、森林をみるとすべて資源にみえてしまうという、有限会社ウッズの能口さんが話題を提供してくださいます。具体的には、「木質バイオマス」の現状と将来像を紹介しつつ、地域単位での森林資源の循環という視点から、エネルギー問題について考えます。
できるだけ身近な問題として考えられるように、身近なコミュニティの視点から森林とエネルギーの話について考えてみたい、とのこと。

①聞く,②聞く,③聞く,④帰る,のセミナーから,①聞く,②考える,③対話する,④気づく,そして「実行する!」のセミナーへ。
参加者が学びを楽しんで帰ってもらえるような場づくりをめざしています。これまでにない「森林資源の循環」のアイデアを創造・共有し、よりよいアイデアを自分のものにして帰ってください!
今回も、セミナーに合わせて特別に用意した軽食とドリンクをお楽しみいただけますので、ぜひお気軽に遊びにきてください。

---
【参加申し込み】 〆切11/16(金)
こちらのフォームから: http://goo.gl/Fka9x
(facebook上での「参加予定」を頂いた方も,このフォームから申し込みください。事務作業軽減にご協力ください)

※本セミナーは,原則,Rural Learning Networkへ会員者向けのものです。
事前にこちらから登録をお願いします。http://ehc-hyogo.net/eq.php?id=20

◎その他問い合わせは,ruralnet@kobe-face.jp (事務局:布施未恵子)まで

それでは、みなさまのご参加をお待ちしております!