農の学び場/Rural Learning Network

過去のセミナー案内

RLN第16回セミナー【当事者限定回】「「地域おこし協力隊」から考える,これからの“よそ者”の役割とは?」

=====================
☆Rural Learning Network 第16回のお知らせ☆
【当事者限定開催】
テーマ:「地域おこし協力隊」から考える,これからの“よそ者”の役割とは?
=====================

地域づくりに大事なのは,「若者、バカ者、よそ者」とは昔からよくいった話。

最近では,若者であり,よそ者あり,バカ者?であるという,3拍子そろった「地域おこし協力隊」が,全国的に大活躍?しています。

今回は,地域で活躍する“若者・よそ者・バカ者”とともに,現場での試行錯誤のなかで感じたこと,自分たちの未来,行政や地域との関係性,これからの,いわゆる「地域サポート人」制度のあり方などを,ざっくばらんに語りあいながら,“自分たち”「よそ者」の役割は,何なのか(反対に,地域や行政にとっては,どう見て,どうサポートすればよいのか,どのように制度設計をすればよいか),と考えてみたいと思います。

日々の現場での喧騒から少し離れて,様々な視点からの対話のなか,立ち位置やキャリアを考え直す機会に,(これから,若者・よそ者受け入れをどう繋げていくかを考える機会)になればよいと思っています。

もちろん,悩みやアイディアの共有も。そしてネットワークづくりも!!

今回の話題提供者は,法政大学の図司先生。
図司先生は,地域おこし協力隊など「地域サポート人材」の制度設計にも深く関われれいる他,協力隊の研修会などで,講師やアドバイザーとしてご活躍。
図司先生が今,感じていること,考えていることを,聴きながら,楽しくやっていきたいと思います。

※申し訳ございません。今回のるーらんは,「よそ者」として活動している方,しようと思っている方(地域おこし協力隊に限りません),その受け入れをされている方(地域,行政),これから,受け入れてみたいとの思っている方など,「当事者限定」でおこなわせて頂きます。
ご了承ください。


話題提供者:図司直也さん[法政大学現代福祉学部 准教授]
http://www.hosei.ac.jp/koho/pickup/professor/2010/100920.html
日時:2015年3月16日(月)18:30~21:00
参加費:1,000円(軽食とワンドリンクがついています)
場所:神戸大学篠山フィールドステーション(篠山市東新町4-5)地図→ http://goo.gl/maps/Tf2J
定員:30名(当事者限定)

【参加申し込み】
こちらのフォームから:http://goo.gl/Fka9x
Facebookでお申込み(「参加」表明)の場合も、フォームの送信をよろしくお願い致します。

【会員登録のお願い】
※本セミナーは、原則、Rural Learning Networkへ会員者向けのものです。
事前にこちらから登録をお願いします。 http://ehc-hyogo.net/eq.php?id=20
Facebookでお申込み(「参加」表明)の場合も、フォームの送信をよろしくお願い致します。

①聞く,②聞く,③聞く,④帰る,のセミナーから,①聞く,②考える,③対話する,④気づく,そして「実行する!」のセミナーへ。
参加者が学びを楽しんで帰ってもらえるような場づくりをめざしています。

◎その他問い合わせは,ruralnet@kobe-face.jp まで。
事務局:神戸大学篠山フィールドステーション(TEL&FAX: 079-506-2366  高田/布施