農の学び場/Rural Learning Network

Next Event

■ RLN 第20回セミナー 中山間地の耕作放棄地を解消させる新たな挑戦ーマイハニーの事例からー

=====================
☆Rural Learning Network 第20回のお知らせ☆
テーマ:中山間地の耕作放棄地を解消させる新たな挑戦ーマイハニーの事例からー
=====================

地域の発展と豊かさは人とその知恵にある

ゲストはマイファーム 代表取締役の西辻一真氏です。

「自産自消ができる社会」の実現に向けて、耕作放棄地の解消をミッションに事業を拡大しているマイファーム。いまや貸し農園である体験農園マイファームの管理・運営だけでなく、新規就農希望者に向けて農業研修を提供するアグリイノベーション大学校の運営など、事業は多岐にわたります。
そうした中、貸し農園事業等の展開を通じて都市部へのアクセスが比較的良い農地であれば放棄地解消の道筋がみえてきたと語る西辻代表。次なる課題は中山間地域の耕作放棄地――ということで、中山間地での放棄地解消を目指した新たな挑戦として養蜂を通じた事業を展開しているマイハニーの取組みを事例に、これからの中山間地での持続的な農業のあり方について考えます。

日時:9月6日(水) 19:30~21:30(19:00受付開始)
場所:神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ(JR篠山口駅東口構内)
参加費:500円(ワンドリンク付き)

講師紹介 西辻一真 マイファーム代表取締役
1982年生まれ。2006年京都大学農学部資源生物科学科卒業。1年間の社会人経験を経て、自産自消の理念を掲げて株式会社マイファームを設立。その後、体験農園事業、アグリイノベーション大学校事業、流通事業、農家レストラン事業、農産物生産事業など様々な農業に関する新しい仕組みを生み出した。2010年より農林水産省政策審議委員に戦後最年少で就任。日本の農業政策についても提言を行ってきた。現在はアグリイノベーション大学校の学長も務める。著書に『マイファーム 荒地からの挑戦 農と人をつなぐビジネスで社会を変える』(学芸出版社)

※申し込みはTEL/FAX共通 079-506-6628 またはメール(info [at] sasayamalab.jp)にて
①名前(ふりがな) ②電話番号 ③メールアドレス
をご連絡ください。
担当:衛藤