農の学び場/Rural Learning Network

Next Event

■ RLN 第19回セミナー「次代の農の在り方―坂ノ途中の事例から―」


=====================
☆Rural Learning Network 第19回のお知らせ☆
テーマ:次代の農の在り方―坂ノ途中の事例から―
=====================

地域の発展と豊かさは人とその知恵にある

今回のゲストは、坂ノ途中 代表取締役の小野邦彦氏です。
「環境負荷の小さい農業を実践する農業者を増やすこと」を目指し、おもに関西圏の農家から仕入れた野菜の定期宅配や実店舗販売、飲食店への卸売といった事業を展開している坂ノ途中。
提携農家は約120軒に広がっており、収量が安定せず売先との継続的な取引が難しい農家の販路を支えています。
そうした少量で不安定だけどおいしい野菜を広めることを通じて、農業を持続可能なものにしたいというのが小野氏の理念です。
近年ではウガンダで環境負荷の小さい、持続可能な農業を広めるプロジェクトも開始しており、幅広く展開中です。

「未来からの前借り、やめましょう。」をスローガンに、持続可能な農業の普及に取組む坂ノ途中の事例を通じて、次代の農の在り方を考え、実践します。

参考URL
https://forbesjapan.com/articles/detail/16022